低燃費

燃費がいい理由の一つに、ボディーの軽量化がありますが、ボディーが軽くなると安全性に不安が出てきます。新型アルトは、新軽量衝撃吸収ボディ「テクト」を採用して、軽量化と安全性の両方を実現し、エンジンや足回りなどの部品、内外装の部品にも徹底的に見直して20kgの軽量化を達成したそうです。軽量化に伴い、軽いアクセルワークでの軽快な加速が、エンジンへの負荷を軽減して低燃費に貢献したようです。

 

車って1トン近く有りますよね。アルトは710kgから760kg位ですが、その中の20kg位でそんなに燃費に影響しないように思えるのですが、結構影響あるんですね。エンジンもR06A型を採用しているので、力強いパワーがあるのに、静粛性にも優れているそうです。車が小さいと道路を走っていると、ダイレクトにタイヤの音が聞こえてきて、うるさそうに思えるのですがこのエンジンのおかげで静粛性もプラスされました。

 

車体を低くして、丸みを帯びたフォルムのおかげで空気抵抗が少なく、フロントバンパーの形状を改良する事により、なお一層の空気抵抗を低減されました。それプラス新型アルトでは、リヤバンパーや車両下部の形状を改良することで車両後方への空気の流れをスムーズにし、空力性能がアップされました。

 

 

 

 

 

コメントを受け付けておりません。