R06A型エンジンを搭載

ワゴンR スティングレーはエンジンも新しくなり、高い燃焼効率を実現したR06A型エンジンを搭載してます。これは自然吸気VVT機構(可変バルブタイミング機構)の採用に加えて、軽量でコンパクト化を追求しました。摩擦抵抗を徹底的に減らすことにより低燃費でかつ軽快な走りになったそうです。また、ターボエンジンは環境性能を高め、吸気側にVVT機構を採用し、高過給圧化したターボチャージャーを搭載し、力強い走りを発揮するそうです。

 

辞書によると、VVT機構は20年以上も前にトヨタが出した技術で、エンジンの負荷に応じて、吸気側のバルブタイミングを油圧によってクランク角に対して30°変化させる機構です。ようするに、これによって馬力が大きくなったということのようです。なんでそんなことが考えられるのでしょうか。考えた人の頭の中をのぞいてみてみたいですね。凡人以下の私には到底理解不可能な世界です。

 

しかし、様々な日本の高度な技術は、キレイな空気を作り、家計をも助けているんですよね。空気や家計だけを助けているわけではなく、安全も作ってくれています。どんなに注意をして運転をしていても、運転しているのは生身の人間です。ミスは絶対しないなんていえません。人間が犯すであろうミスを最小限にしてくれる技術もまた、日本のお家芸のようです。

 

 

 

 

 

コメントを受け付けておりません。